【PR】

外付けSSD購入前必見!知らないと損するデメリットと賢い使い方

外付けSSD購入前に知っておきたいデメリットと賢い使い方や選び方を紹介 ガジェット

メリットとデメリット:外付けSSDを使う前に知っておくべきこと

外付けSSDは、パソコンやスマートフォンのデータ保存に便利なツールです。しかし、使い方によってはデメリットもあります。購入前にはメリットとデメリットを理解しておくことが大切です。

【メリット】

  • 高速なデータ転送
  • 衝撃に強い
  • どこへでも持ち運べる

外付けSSD(ソリッドステートドライブ)は、従来のHDD(ハードディスクドライブ)よりも速くデータを読み書きできます。これにより、ゲームなどの大きなファイルの保存や開く時間が短くなります。また、衝撃に強く、落としても壊れにくい点もメリットです。ポータブルで、どこにでも持ち運びが可能なため、データを簡単に共有したり、バックアップを取ったりができます。

【デメリット】

  • 価格が高い
  • 使用方法により寿命が短くなる

外付けSSDは外付けHDDに比べて価格が高く、大容量のものを選ぶと、その差はさらに大きくなります。また、SSDの寿命は書き込み回数によって決まるため、大量のデータを頻繁に書き込むと寿命が短くなる可能性があります。

外付けSSDを使うときは、これらの点を考慮して、バックアップを取るなどの対策が大切です。自分の用途に合った容量や価格の外付けSSDを選ぶようにしましょう。

外付けSSDの寿命は?耐久性と長持ちさせるコツ

外付けSSDの平均的な寿命は、約5年程度言われています。ただし、使用頻度やデータの書き込み量によって変動します。たとえば、毎日、大量のデータを書き込んだり消したりしていると、寿命が短くなるため気をつけましょう。

SSDを長持ちさせる4つのコツを紹介します。

  • 高温や湿気を避ける:高温や湿気は、SSDの故障の原因になる
  • 正しい手順で取り外す:コンピュータから取り外す時は、急に取り外すとデータが壊れる可能性があるため正しい手順で取り外す
  • データの書き込みを軽減:容量の70%程度まで抑える
  • 使わない時はシャットダウン:パソコンを使わない時はスリープ状態ではなく、シャットダウンさせる

外付けSSDは大変便利なツールです。正しい使い方をすることで、より長く使えます。紹介した4つのコツを参考に、適切な使い方と管理で、SSDを長持ちさせましょう。

外付けSSD vs HDD:どちらを選ぶべき?比較してみた

外付けSSDとHDDのどちらを選ぶべきか迷っている場合、まずはそれぞれの特徴を理解し、用途に合わせて選択することが重要です。

【SSDとHDDの基本的な違い】

項目外付けSSD外付けHDD
メモリフラッシュメモリ磁気ディスク
ストレージ高速データ転送大容量、低速
耐衝撃性高い(固体構造、動く部品なし)低い(機械的部品あり)
寿命長い(書き込み回数に限界あり)短い(機械的摩耗)
価格高価(1GBあたりのコスト高)安価(大容量でコスパ良好)
故障の可能性低い(物理的故障少ない)高い(物理的故障のリスクあり)
発熱低い高い
アクセス時間短い(即時アクセス)長い(ディスク回転による遅延あり)
音量静か(動く部品がないため無音)比較的うるさい(ディスク回転音)

外付けSSDは、高速なデータアクセスと持ち運びやすさが特長です。一方、外付けHDDは、大容量とコストパフォーマンスに優れています。外付けSSDとHDDを選ぶ際は「何に使いたいか?どう使いたいか?」を考えて選ぶとよいでしょう。

例えば、大量のデータを保存する目的で、コストを抑えたい場合には容量の大きいHDDが最適です。しかし、データの読み込み・書き込み速度や耐久性が重要な場合には、SSDが適しています。

外付けSSDとHDDはそれぞれ長所と短所があり、どちらを選ぶかは使い方によります。購入を考える際は、自分のニーズに合わせて選択しましょう。

ゲーマー必見!SSDで変わるゲーム体験の質とスピード

ゲームを楽しむためには、快適な動作環境が必要です。ゲームをしている時、ロード時間が長すぎてイライラしてしまうことってありますよね。外付けSSDを使うと、この問題が解決できます。外付けSSDは、ゲームの読み込み速度を向上させ、ゲーム体験をよりスムーズにするのです。本章では、外付けSSDがゲームにどのような影響を与えるのかをご紹介します。

まず、SSDはHDDよりもデータの読み書きが速いです。このため、ゲームを起動する時やゲーム中のロード画面が速くなります。特に、高解像度のグラフィックを必要とするような大きなファイルを扱うゲームでは、その差がはっきりと感じられるでしょう。

外付けSSDの利用は、ゲームのパフォーマンス性を安定させるだけでなく、パソコンの発熱を抑制し、長時間のゲームプレイでも快適な体験を提供します。SSDは振動や衝撃に強いため、ゲーム中のエラーが発生しにくいです。さらに、外付けSSDは携帯性に優れており、友人の家でのゲームプレイや大会への参加など、どこでも簡単に持ち運びが可能です。

ただし、SSDはHDDよりも価格が高いです。また、頻繁に大量のデータを書き込むと、寿命が早まる可能性があるため注意しましょう。最近のゲームはテータ容量が大きくPCだけでは動きがモサモサとする場合があります。その悩みをなんとかしたいと思っている方は、外付けSSDの導入を考えてみてはいかがでしょうか。ゲームのロード時間が短くなるだけでなく、快適なゲーム環境が得られますよ。

おすすめの外付けSSD:性能と価格で選ぶベストモデル

外付けSSDは、データの読み込みや書き込み速度が速く、コンパクトで持ち運びやすいなどのメリットがあります。そのため、動画やゲームの起動や、データの転送を高速化したい場合におすすめです。

本章では、性能と価格の両面からおすすめの外付けSSDを3つご紹介します。

バッファロー 1TB スティック型外付けSSD 超小型

画像引用:Amazon

品番:SSD-PUT1.0U3-B/N

性能: 最大約430MB/sの高速なファイル転送

インターフェース:USB 3.2(Gen 1)

容量:1TB

価格(※):8,480円(税込)

特長:コストパフォーマンスに優れ、約17gの軽量設計で携帯性にも優れています。

サムスン(SAMSUNG) T7 Shield 1TB 外付けSSD 【防水、防塵】

画像引用:Amazon

品番:MU-PE1T0S-IT

性能:最大読み込み速度1050MB/s、最大書き込み速度1000MB/s

インターフェース:超高速転送を実現する「USB 3.2 Gen 2」に対応

容量:1TB

価格(※):13,616円(税込)

特長:高速データ転送を実現し、IP65の防水・防塵規格および3メートルの耐落下性能を備えたおりコストパフォーマンスにも優れています。さらに、滑りにくいラバー素材で持ちやすく、98グラムの軽量かつコンパクトな設計で持ち運びに便利です。

サンディスク(SanDisk) SSD 外付け 2TB  外付けSSD 【防滴・防塵】

画像引用:Amazon

品番:SDSSDE61-2T00-GH25

性能:最大読み込み速度1050MB/s、最大書き込み速度1000MB/s

インターフェース:超高速転送を実現する「USB 3.2 Gen 2」に対応

容量:2TB

価格(※):32,525円(税込)

特長:2TBの大容量を備えており、大量のデータ保存に適しています。高速なデータ処理能力とIP65基準の防水・防塵性能を兼ね備えており、データをしっかり保護します。また、最大3メートルの落下に耐える高耐久設計と、わずか52グラムの軽量さが特長です。

外付けSSDにはそれぞれの特徴があるため、自分のニーズに合ったものを選ぶのが大切です。購入の際には、性能と価格のバランスを考えて選びましょう。

※価格は、2024年1月19日現在のAmazonでの価格を掲載しています。

コメント