【PR】

扶養内パートは迷惑で職場にいらない?いじめられず必要とされる方法を解説!

扶養内のパートは嫌がられる?でも実は最強に勝ち組 仕事

扶養内パートが職場で迷惑がられる理由とは?

扶養内パートは、勤務時間の制約や繁忙期の追加勤務が難しいため、職場で迷惑がられてしまう場合があります。

主な理由は、勤務時間に制約があり、シフトの融通が利かないことにあります。収入を扶養の範囲内に抑える必要があるため、労働時間が短く、仕事が終わっていなくても帰る必要があるなど、業務の連続性が損なわれやすくなります。扶養内パートで働くルールであるため、個人の能力とは関係がなく、迷惑がられてもこまりますよね…

また、繁忙期でも残業が難しいことから、フルタイムのパートや、正社員への負担増になる点も、迷惑がられる理由の一つです。さらに、扶養内パートの人はキャリアアップをあまり望まないため、仕事へのやる気が低いと思われがちです。しかし、実際には家計を支えるために一生懸命働いている人も多いです。

責任ある仕事を任せられないことや、スキルや経験の不足が教育や指導に時間を要する原因にもなります。扶養内パートについては、職場を筆頭に同僚がもっと理解を示し、柔軟に対応すれば、迷惑がられるという問題は解決するでしょう。

扶養内パートが実は「勝ち組」と言われる理由

扶養内パートが「勝ち組」と言われる理由は、働き方の柔軟性と多くのメリットにあります。

扶養内パートは、短時間勤務であるため、家事や育児との両立がしやすく、ワークライフバランスを実現しやすいです。同時に、社会とのつながりを保ち、孤独感を軽減することができます。

経済的には、家計に安定した収入をもたらし、業務内容によっては将来のキャリアの可能性も広がります。さらに、時間的な余裕が心の余裕を生み、自分自身を大切にすることができます。

これらの理由から、扶養内パートは自分の時間を大切にしながら、経済的にも自立できるため「勝ち組」とされるのです。

扶養内パートでいじめられた場合の対処法や解決策

扶養内パートでいじめにあったら、まずは落ち着いて何が起きたかをはっきりさせましょう。起こったことをメモして、信用できる同僚や上司に話してみてください。そうすると、職場で助けてもらえるかもしれません。会社に相談できるところがあれば、相談してください。配置替えなどで対応が可能かも知れません。

いじめる人は、自分より立場の弱い人や、言い返してきたり口ごたえをしない大人しい人をいじめる傾向にあります。もし、そのような状況でいじめられるのなら、しっかりと自分の意思や意見も伝えれるようになる必要があります。

いじめられやすい人とは、以下のような特徴があります。

  • 自己主張ができない
  • 仕事や対人関係で適応性が低い
  • 自己肯定感が低い
  • 仕事のミスが多い
  • 新人さん

自分に当てはまるところがあれば改善し、対策しましょう。「扶養パートだから残業しない、早く帰る」などどうしようもない理由だけでいじめられられる、何をしても改善しない場合は、思い切って違うパート先を探すのも必要な選択です。

扶養内パートにおすすめの仕事や職場環境

女性の活躍の場が広がる中、家庭と仕事を両立させやすい扶養内パートが人気です。扶養内であるため。正社員やフルタイムパートのように、長時間の勤務はできません。そのため、勤務時間やシフトの融通がきく仕事、例えば午前や午後のみ、週末や週に2〜3日の勤務などで募集している仕事がおすすめです。

また、未経験から始められる仕事や、主婦パートが多く働いている仕事もよいでしょう。飲食店、販売店、スーパーマーケット、データ入力、コールセンター、軽作業などでは、扶養内パートも多く、社員の方の扶養パートに対する理解も深いでしょう。さらに、専門的なスキルや経験を必要としないため、キャリア構築よりもライフスタイルに合わせた働き方を重視する方に適しています。

職場選びでは、良好な人間関係が重要です。挨拶を大切にし、助け合いの精神を持つ、ポジティブな環境の職場が、仕事の充実感を高めてくれるでしょう。飲食店やスーパーなどでの勤務を希望する場合、店舗をみにいくこともできます。応募前に、一度働いている人の表情や関係性を観察してみるのもおすすめです。

コメント