【PR】

50代のパートでいじめられている…。職場でボス的な中年女性の対処法!

50代で新しくバイトやパート先でいじめられてしまう人の特徴や対処法 仕事

「新しく決まったパートでいじめられている…」

「同僚の私への態度がおかしい…」

50代になって、せっかく見つけた新しいパート先で、このような悩みに悩まされている方もいるのではないでしょうか。ほんとなら仲良くしたい同世代の先輩パートや上司、逆に自分よりもずっと若い社員からいじめられるのはとても残念で悲しいことです。

本記事では、50代のパートがいじめられないために知っておきたいポイントについて解説しています。

  • 50代パートをいじめる人の特徴
  • いじめられる人の特徴
  • いじめられた時の対処法や解決方法

今、いじめられていて、どうしていいかわからない…と悩んでいる方に、特に読んでいただきたい内容となっております。一人で解決できない場合は、信頼できる人に相談したり、思い切って新しい仕事先をみつけることも大切です。まずは、自分でできることを試してみましょう。

50代のパートをいじめる中年女性の特徴

どこの職場にも一人はいる、ボス的存在の中年女性…頼れるといういい意味でのボス的存在なら嬉しい職場ですが、なかには、人をいじめることで自分の存在価値を高めたつもりになっている嫌なボス的存在もいますよね。いじめられるのが嫌だから、その取り巻きになっているパートさんもいたりして、グループでのいじめや嫌がらせを受けている方もいるでしょう。

まず、いじめられているという現実を回避するためにも、いじめている側の女性の性格や特徴を理解して対策をねってみましょう。

  • 支配欲が強い

「自分の力を見せつけたい、自分が中心となって物事を進めたい」という思いが強く、他人の意見や提案を受け入れにくい人。自分と意見の異なる人や、自分よりも立場が弱い人をいじめる傾向がある。

  • コミュニケーション能力が足りない

感情的になりやすく、冷静な議論や建設的なフィードバックを提供するのが難しい。自分が間違っていても認めず、人のせいにするなど問題のある人。

  • ストレス発散している

ストレスを上手に発散できない人が、八つ当たり的にいじめを行うことがあります。職場だけでなく、家庭でのストレスを職場で発散する場合も。

  • 嫉妬心や妬みが強い

自分よりも仕事ができる人に劣等感を抱き、その感情がいじめという形で表れることがあります。特に自分の能力に自信がない人に多い傾向があります。

できれば、このような、意地悪な人がいない職場を探したいものですね。

意地悪な人は、自分を認めてもらうために、他の人を悪く言ったり傷つけたりして、間違った方法で自己肯定感を保とうとします。また、イライラしている時に、人をいじめることでストレスを発散し、少し「ごめんね」と軽く謝れば問題ないと思っている人が多いです。そんな勝手な話はないですよね。

いじめる中年女性は、このような考えをしていると知ることで、職場のいじめにどう対応するかのヒントが見つかるかもしれませんね。

50代のパートでいじめられやすい人の特徴

50代のパート社員は、正社員や若いパート社員に比べて立場が弱い場合があり、いじめや嫌がらせの被害に遭いやすい傾向にあります。自分はなぜいじめられてしまうのか、もし、自分に落ち度がある場合はそれを改善することが大切です。

本章では、50代のパート・バイトでいじめられやすい人の特徴をまとめました。当てはまることがあれば、意識して行動するだけでも、いじめられるリスクを減らすことができるかもしれませんよ。

  • 自己主張が苦手

自分がいいたいこと、されて嫌なことなどを上手く伝える事ができず、結果として他人から利用されやすい。不快な状況でも声を上げることをためらうため、いじめの対象となりやすい。

  • 適応性が低い

新しい環境や変化に対応するのが苦手で、その結果、仕事や人間関係で孤立してしまう。変化に適応できないことで自信を失い、さらにいじめられやすい状況を作り出す。

  • 極度の温和さや協調性

人とのもめ事を避けるために、不公平な扱いを受けても、反論せずそのまま受け入れてしまう。自分が我慢すればと考える人なので、気づかぬうちにいじめというか、うまく利用されてしまう。

  • 自尊心が低い

自分に対する評価が低く、他人からの否定的な意見に過敏に反応する。自分の価値を認識できず、いじめられることでさらに自尊心が低下してしまう。

  • 仕事のミスが多い

ミスを何度もする人は、いじめられやすいです。いじめる人は、そのミスを利用して相手を劣った立場に置き、自分を優位に立たせようとします。

  • 新人パート

職場でまだ関係を築けていなかったり、職場の雰囲気となじめなかったりすると、いじめのターゲットになりやすい。

職場でのいじめは、これらの特徴がない人にも起こり得ますが、リスクを下げるためにいじめられる人の特徴を知っておくことが役立ちます。いじめられた時は、落ち着いて状況を見極め、原因を探り改善できるよう努めましょう。信頼できる人へ相談してみるのもよいでしょう。

50代のパートでいじめが多い職場3選

50代のパートでいじめが多い職種として、以下のようなものが挙げられます。

  • 小売業

小売業は、接客が中心で、人との接触が多い職種です。接客方法や態度、仕事の仕方に関する問題からいじめが生じる場合があります。また、若手スタッフが多いことから、年齢の違いによるいじめも起こり得ます。

  • 介護・福祉

介護職は特に、肉体的・精神的にも大変なうえ、人手不足でパートに過大な負担がかかることもあり、そのストレスがいじめに繋がることがあります。その結果、ストレスや不満を抱えたパート社員が、他のパート社員をいじめてしまうケースも発生しています。

  • 教育・保育

教育や保育の分野は、責任感が強くやりがいを感じる一方で、ストレスを抱えやすい職種です。仕事上のミスや失敗がいじめのきっかけになったり、若手スタッフが多いため、年齢差からくるいじめが生じる場合もあります。

50代のパートでいじめられた時の対処法・解決法

いじめる人は、自分の意見を受け入れてくれる、または自己主張が控えめな人を狙っていじめがちです。特に、意見をなかなか言えない人や、周囲に流されやすい人は注意が必要です。

いじめられた場合は感情的にならず、まず、冷静に状況を分析し、いじめられる原因を探り、可能であれば改善策を考えてみましょう。家族、上司、同僚、友達など、信頼できる人に相談し意見を聞いてみることも大切です。

まずは、いじめられやすい人の特徴を踏まえ、以下のように対策していきましょう。

  • 自己表現のスキルを高める
  • 自信を持って意見を述べられるようになる
  • 変化に対応する柔軟性を持つ
  • 良好なコミュニケーションを心がける
  • 職場での人間関係を良くする

これらの対策を心掛けることで、いじめられる可能性を減らし、よりポジティブな職場環境になるよう努力しましょう。いじめられると、心に大きなダメージを与えます。いじめに遭ってしまったら、一人で抱え込まず、信頼できる方に相談するなど適切な対処も大切です。

いじめが深刻過ぎる場合や、いろいろと頑張ってみても、いじめがなくならない場合もあります。いじめによりストレスを抱え込んでしまう前に、新しい職場を探すのも一つの方法です。いじめのない職場もたくさん存在しますよ。

50代のパートでいじめが少ないおすすめの5つの仕事

50代のパートにおすすめで、いじめが少ない仕事を5つご紹介します:

  • 一般事務

週末休みで家庭との両立がしやすい
パソコンスキルを活かせる

  • コールセンター

座り仕事が中心で体力的な負担が少ない

  • コンビニ・スーパーのレジ業務

シフトの融通が利きやすい
同年代の活躍する場所も多い

  • 軽作業スタッフ

体力に自信がない方でも対応できる仕事が多い
ストレスが少ない

  • 清掃業務

単独での作業が多く、人間関係によるトラブルが少ない
柔軟な勤務時間が選べる場合が多く、体力に合わせて働ける

これらの仕事は、同年代の方も多く働いているため、50代の方々にとって働きやすく、いじめリスクが低い仕事と考えられます。自分のニーズに合う、素敵な仕事をみつけてみませんか。

advanced-floating-content-close-btn